2012/09/03

Hello

物心がついた頃
右目を抑えると辺りが真っ白だった。
母は片目が見えていない事にビックリして
大阪に引越ししてきてから、ずっと病院に通って治療してた。
そして色別反応くらいは出来るようになった。
とはいえ、ほとんど見えてないから
見えてる方の目がなくなったらもう一人で歩ける程は見えません。
 小学校の時、お医者さんに
片目しか使ってない状態だから、
もしかしたら25歳過ぎたら失明するかもしれないと言われて。
25歳過ぎてから毎日、
今日も目が見えててよかったって心から思う。
 だから、毎日自分が見てる光景は
頭や心にやきつける。
嬉しかった光景
好きだと思った景色は
頭の中で何度も繰り返す。

そんな状況だったのだけど…
最近スニーカーを作ってる時、
スタッズを靴の中からニッパーで引っ張るのね。
中がすごい見えにくくて
顔を近づけてニッパーで引っ張ってたら
滑って見えてる方の目にニッパー突っ込んでしまった!
痛!!って思った瞬間一瞬辺りが真っ白になったから
失明したと思って…
ものすごく怖かった(>_<)
鏡で見たら瞼から血は流れてたけど
目にはいってなくて
すぐに病院行って検査したら、眼球は大丈夫だった。

先生が

「反射神経で目を瞑って良かったね。
瞼が眼球守ってくれたよ。」

って。

怪我した時大体

「これくらい大丈夫や〜!!」

って笑ってるけど、
今回ばかりは本当に怖かったし、色んな事考えた。
それからビビってしまって
2,3日靴触れませんでした。笑

ほんと思った以上に過酷な仕事だな。笑
今でもあの時の事思い出したら鳥肌立つ!!
でもお陰で
危なくない裏ワザを見つけたからよかったのかな。
とりあえずは瞼の傷残りませんように!!

ちなみにこれ
VOGちゃんがオーダーしてくれた靴を作ってる途中になったから
VOGちゃんには、心して一生大切に履くように言ってやろう。笑





Peeece!!

MIKA